祈りの灯火 追悼ランについて

 遠野から陸前高田へ、そして盛岡へ。遠野に住む僧侶の江本卓さんが「あなたに届けたい」という思いを伝えるために、180kmをたった一人で走ります。

 

「震災を忘れないために、自分にできることは走ることです」

 

 2017年は釜石〜盛岡間を走りました。地図を広げるとその凄まじさが伝わってきます。総延長120km。しかしこれほどハードな条件に挑むのははじめてだったそうです。しかし、ランナーの江本さんは、その距離を一人で走り抜き、無事に灯火を届けました。

 

 江本さんは東京消防庁勤務を経て、僧侶の修行をするため遠野へUターンしてきました。実業団の選手でもあり、各地のマラソン大会で入賞する実力の持ち主でもあります。

 

 「震災から7年がたち、世間からは思いが薄れつつあります。そんな中で、今年も自分が命がけで走る事で、忘れていない事を、あの日の事を伝え続けたいというメッセージを伝えたい。」

 

 私達はこの方の思いを応援したいと思います。今回は前回より更に長い180km。この道のりを一緒に応援してくださる方を広く募りたいと思います。

 

 どうぞよろしくお願い致します。

2018 遠野⇒陸前高田⇒盛岡 180km追悼ラン

2018年3月11日、第2回目の追悼ランが行われます。

3月10日遠野を出発し、陸前高田市の「気仙大工左官伝承館」にある「希望の灯り」から採火。翌3月11日の早朝陸前高田を出発。前日に採火した種火をたすきにかけて、盛岡の「祈りの灯火2018」の会場まで届け、それを祈りの灯として点灯します。

この陸前高田の「希望の灯り」は神戸市にある阪神淡路大震災のモニュメント「1,17 希望の灯り」から分灯されたものです。

この希望の火を、盛岡の「祈りの灯火」会場まで、灯火ランナー江本さんが届けます。

スケジュール、コースなどは追って掲載します。応援、ご協力をお願い致します。

⇩ は昨年度「釜石→盛岡」のものです。今年度「陸前高田盛岡」をただいま準備中です。

120Kmの道のりサポーター募集

陸前高田から盛岡へ。120Kmの道のりを共に応援しませんか。祈りの灯火実行委員会ではサポーターを募集しております。

 

 

①Facebookやブログ、Twitter等でシェアしてくださる方

当日はボランティアスタッフ一同で走りの様子をFacebook、Twitter,

ホームページ上で実況する予定です。震災への思い、そして応援メッセージをお寄せください。

②沿道で応援してくださる方

お近くにいらっしゃいましたら、ぜひ沿道で応援をしてください!

スケジュールは追ってお知らせ致します。

 

◎3月11日

早朝5時頃に出発します。16時半頃盛岡市到着、盛岡城跡公園にて祈りの灯火の点火式を予定しています。 

③忘れない思いを共にする、スポンサーとなってくださる企業

 今回のスタッフは全て手弁当で集まって頂いています。走りをサボートする車の運転を申し出てくださった方、インターネットの中継など様々なご協力を頂いております。スポンサーとなってくださる企業様、個人、団体の方々からの寄付金を募集しています。どうぞよろしくお願いいたします。

 あの日から7年がたち、震災について語ることもだんだん少なくなってきました。

被災地にいてもそう感じます。少し離れた内陸部でも話すきっかけを掴むことが難しく感じます。

 

だけど、復興の工事は道のり半ばで、元の生活を取り戻せていない方も大勢いるのです。

見た目に元気そうでも、心の中に葛藤を抱えている方はさらに多いと思います。

 

震災があって、大変だったこと、悲しかったこと、驚いたこと、怒ったこと。それだけではなく、楽しかったことや、嬉しかったこと、新たな出会いや発見やあの日から起こったさまざまな出来事、たくさん話していただけたらと思います。

 

◎お問い合わせ・連絡先

祈りの灯火実行委員会事務局

電話:070-6574-3493

 e-mailmorioka.fnet@gmail.com